FC2ブログ

社会人のための医学部学士編入試験 体験記 編入後の生活

ひろみは、社会人の方々の医学部学士編入試験への挑戦を応援します。 32歳、メーカー勤務のひろみの編入体験記、そして医学部入学後の状況を記します。
FC2 Blog Ranking

卒後どうなるんだろ??

こんにちは。

今回は、卒後どうするんだよ、という内容を書きます。
入学前なんか考えた事もなかったですけどね(笑)。

最近つくづく思うのは、どんな仕事でも
やっぱり若いに越したことないんですよね。

それに、医師の世界は、基本的に徒弟制度だから、
誰についていくかが後々大事になってくるはずです。

職人の世界と考えると、師匠は、若い、素直、体力ある、慕ってくる、やっぱりそういう弟子を
かわいがると思います。
そんなこと入学前に全く知りませんでしたけどね(笑)。

余談ですけど、確かに僕も、入社3年目までは素直にがむしゃらに働き、
R&D縮小時でも、幸いにR&Dに残してもらいました。
やっぱり選択するのも人間なので情は入ると思います。
ただ、大企業の人事権は、一人の人間が握っているってことは無いですけどね。

それで卒後どうするんだよという事に対しては、
最初の初期研修で自分の入りたい医局の支配下の病院に入って、
2年後に教授なりに引き上げてくれるもらえるようにする、これが基本となると思います。

もちろん自分の出身大学で研修をするならばそれ程考える事もないですけどね。

一方で、せっかく学士で入ったので、一般生とは違う道も考えています。
基礎に進むのも良いかと思います。
産業医やるのも良いかと思います。
技官になるのも良いかと思います。
医療系学校の先生をやるのも良いと思います。

最初の2つは僕のキャリアを活かせる可能性もありますし。

最近、こんなことばっかり考えています。
とりあえずは収入を得られる立場に戻るというのが大事ですけど、
そのための選択肢は多く持っておいた方が精神的にも良いと思いますので。

ではでは
スポンサーサイト



テーマ:医学部学士編入 - ジャンル:学校・教育

Extra | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |